アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
November 2014
M T W T F S S
« Jun    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

二重にするメリット

こんな顔に整形したい

整形ブームが起こって随分と時間が経ちましたが、いまだに整形は人気があるようです。
主に整形で多いのが、二重をするという技術です。
やはり人間の印象を大きく分けているのは、目であるということからきているようです。
目をできるだけ大きく、よりぱっちりとさせたいというニーズが強いともいえるでしょう。
しかし、二重といっても色々な方法があります。
方法としては、瞼を切開する方法や埋没法などがあります。
もっとも一般的な方法としては埋没法であり、瞼と瞼を縫い合わせるという方法で行う方法です。
痛みは少なく、時間も1時間もかからずに行うことが可能です。

費用についても、数万円で行うことができ、とても簡単に施術を受けることができるといわれています。
また、この埋没法では、自分が整形をして二重にしたときに、自分のイメージと違っていた場合はもとに戻すことが可能です。
ですから、試しにやってみるということもできます。
ただし、何回も行うと目がはれたり、傷が残る恐れがあるので、頻繁に繰り返すことはできません。
このように、最近は会社帰りに立ち寄るだけで、簡単に埋没法などの方法で二重にすることができるようになりました。
それでも、まだまだ整形に対しては抵抗があるという人も多いと思われます。
ここでは、埋没法などの二重にする技術や、それにかかる費用、時間などについて紹介していきますので、整形について興味がある人は参考にしてみて下さい。

埋没法で二重まぶたに

アイメイク

ぱっちりとした二重まぶたの目は魅力的です。
一重まぶたの方でものりやテープを使用して二重まぶたのようにみせかけることは可能ですが、日々のメイクのたびに手間がかかりますし、よく見ると仕上がりはそれほど自然とは言えません。
一旦使用し始めると素顔を見られるのが怖くて継続的な使用を強いられることも多いです。
それならいっそ整形で二重まぶたにしてみませんか。

整形ならばのりやテープを使用した場合に比べてより自然な見た目を得られ、メイクアップにかかる時間を大幅に短縮できます。
とはいうもののやはり整形には抵抗感や恐怖感を感じる方が多く、費用面に不安のある方も少なくありません。
そんな不安をお持ちの方におすすめなのが埋没法による整形手術です。
埋没法による手術ではメスを使用せず、髪の毛よりも細い糸でまぶたをとめることで二重を作ります。
日本人によく似合う末広型の二重を作るのに向いた方法です。
埋没法では目頭の切開を行なわないため、形状によっては時間経過で元に戻ってしまう可能性があると言われますが、元に戻せないことに不安を感じる方や、身体にメスを入れることに抵抗のある方にとってはむしろメリットと言えるでしょう。
メスを使用しないことで費用も押えられ、術後の経過も穏やかです。
腫れがほとんどなくアイメイクが可能になるまでの日数も短いため、周囲にバレることなく手術が可能です。
このように埋没法は従来の整形手術のイメージを覆すメリットを持つため、気軽に二重を試したい人に向いています。